ホーム > 御祭神と由緒

御祭神

主神

正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命 マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト

配神

伊耶那岐命 イザナギノミコト

伊耶那美命 イザナミノミコト

御由緒

英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山で、御祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命であることから「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。

嵯峨天皇の弘仁10年(819年)詔(みことのり)によって「日子」の2文字を「彦」に改められ、次いで、霊元法皇、享保14年(1729年)には、院宣により「英」の1字を賜り「英彦山(ひこさん)」と改称され現在に至ってます。

英彦山は、中世以降、神の信仰に仏教が習合され、修験道の道場「英彦山権現様」として栄えましたが、明治維新の神仏分離令により英彦山神社となり、昭和50年6月24日、天皇陛下のお許しを得て、戦後、全国第三番目の「神宮」に改称され、英彦山神宮になっています。


御神徳

その昔、鷹の姿をして東よりこの地に現れた稲穂の神、農業神で知られる天忍穂耳命。英彦山神宮は神様のご神徳により、農業生産鉱山工場の安全の守護神また、勝運の神様として古来より崇敬されています。


御社殿並摂末社

御本社(上宮)

神武天皇が御東征の時、天村雲命(あめのむらくものみこと)を遣わされて祀られたと伝えられていますが、社殿ができたのは、崇神天皇41年と言われてます。
現在の社殿は天保13年(1842年)に、肥前藩主鍋島斉正によって奉建されたものです。

奉幣殿

修験道時代の霊仙寺の大講堂で、現在の建物は、元和2年(1616年)小倉藩主細川越中忠興によって再建されたものです。桃山建築様式で、以後小倉藩主によって修復されて現在国の重要文化財に指定されています。

摂社

末社

大南神社

天火明命(あめのほあかりのみこと)
その他、10社の末社があります。


招魂社

勤皇義僧の墓所で、田川護国神社の奥宮として、
11柱をお祀りしています。